他社と差をつけるオリジナルノベルティ制作の手引き

企業の重要な宣伝ツールとして、近年外せなくなっているのが、オリジナルのノベルティグッズです。

ノベルティグッズというと、以前まではメモ帳やカレンダー、ボールペンなどに社名が入ったもの(名入れ)が主流でしたが、それではユーザーの印象には残りません。

現在では、コンセプトから企業イメージを注入できるノベルティを作成する会社も増えています。自社のイメージ戦略から本格的なブランディングまで、オリジナルノベルティが持つ意味は、最早単純な販促ツールの域を超えるのです。

自社にピッタリの
オリジナルノベルティをつくろう!

ノベルティを作成する際に重要なのは、「何を伝えたいのか」「誰に伝えたいのか」「いつ使用するのか」という3つのポイントを明確にすること。まずはこの『オリジナルノベルティ絞り込み検索』で、どのようなアイテムを作成すべきか、イメージを固めていきましょう。

どのグッズを作成する?
アイテム別に見るオリジナルノベルティカタログ

オリジナルノベルティのイメージコンセプトが決まったら、次は具体的にアイテムを見ていきましょう。

ノベルティの大定番であるうちわやカレンダー1つ取ってみても、現在は様々なテイストに加工し、企業コンセプトを詰め込めるアイテムが増えました。そのデザインは、高級感のあるものやインパクト勝負のもの様々。

詳細なデザインは制作会社と固める形となるため、この時点ではあくまで直感的に、自社イメージを託すに相応しいものを選ぶと良いでしょう。

季節商品

うちわ・扇子

うちわ・扇子

夏のイベントにぴったりのうちわや扇子は、デザイン面も広く、カラーでの印刷が可能なので、宣伝ツールにピッタリです。

詳しく見る

カレンダー

カレンダー

オフィスでも家庭でも使えるカレンダー。年末年始のあいさつに欠かせないノベルティです。デザインや素材で他社との差別化を図ります。

詳しく見る

男性向け商品

ノベルティボールペン等

ノベルティボールペン等

ペンやメモ帳、カードケースなど、ビジネスシーンで役立つアイテム。男性がもちやすいシンプルなデザインがおすすめ。

詳しく見る

PC・スマホ関連

PC・スマホ関連

USBメモリやスマホケース、スマホスタンドなど、オフィスのデスク周りで目にするグッズだからこそオリジナリティを出してみましょう。

詳しく見る

女性向け商品

生活雑貨

生活雑貨

フォトフレームやコースター、マグネットなど、家庭で使え、あるとうれしいアイテムをノベルティにすると企業イメージもアップ!?

詳しく見る

健康・美容

健康・美容

あぶらとり紙やリラックスできるグッズは、女性がもらってうれしいアイテムです。ちょっとした工夫で他社とは違うノベルティが作れます。

詳しく見る

子供向け商品

文房具

文房具

子ども向けのノベルティなら、鉛筆や定規、ノートなど、学校でも使える文房具がぴったり。シンプルなものから個性的なものまで揃っています。

詳しく見る

おもちゃ

おもちゃ

対象は子どもといえど、おもちゃのノベルティのポイントは親も気に入るものであること。パズルや積み木など、頭を使うおもちゃが喜ばれます。

詳しく見る

法人向け商品

法人向け

会社に配るノベルティは、カレンダーやメモなど、とにかく使えるものを。来客用のコースターなどもあると便利なアイテムです。

詳しく見る

記念品

記念品

卒業記念や創立記念などには、高級感のある品物がおすすめ。フォトフレームなど、思い出を一緒に飾れるものだと印象に残ります。

詳しく見る

オリジナルノベルティ制作会社から選ぶのも1つの方法

ターゲットと伝えたいイメージを考え、グッズの種類からオリジナルノベルティを選ぶパターンの他、最初からオリジナルノベルティ制作会社ありきで選ぶのも1つの手です。

単純なばら撒き系の名入れアイテムが欲しいのなら、コストと納期に特化した会社を、企業イメージを大切にしたいのなら、1からコンセプトありきのグッズを作成できる会社を……など。制作会社の担当者は、いわばノベルティのプロ。こちらの要望を汲み取り、最適なノベルティの制作プランを提案してくれます。

当サイトでも、特に評判の高いオリジナルノベルティ会社を、それぞれが得意とする分野などわかりやすくまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

評判の高いオリジナルノベルティ制作会社リスト

喜ばれるオリジナルノベルティとは?

万人に喜ばれるノベルティをつくるのは、はっきりいって難しいです。なぜなら、人によって、必要なもの、使うものが違うからです。そこで、ある程度、ターゲットや目的を絞ることで、本当に喜ばれるノベルティをつくることができます。

ターゲット・目的を固めよう

ターゲット・目的を固めよう

女性、男性、主婦、子ども、法人など、配る相手によって、必要なものも変わってきます。

また、夏や年末年始など、時期によって、もらって喜ばれるノベルティがあります。ノベルティを誰に配るのか、何のために配るのかを明確にしておきましょう。

使ってもらえるものを選ぼう

使ってもらえるものを選ぼう

必要のないノベルティほどユーザーにとっても企業にとっても無駄なものはありません。ノベルティは、使ってもらってこそ、その真価を発揮します。オフィスや家庭で使われる頻度の高いもの、あると便利なものなどを作るようにしましょう。

ノベルティグッズへの名入れ

ノベルティグッズへの名入れ

配布されたノベルティは、言わば企業の顔となります。せっかくノベルティを配布しても、会社名やお店の名前が入っていないのなら、販促効果は期待できません。

では、ノベルティグッズに名入れをするとどんな効果が期待できるのでしょうか。
視覚から得られる情報は、文字よりもイラストの方が記憶に残りやすいので、文字だけでなくロゴを入れるだけでも立派なアピールポイントになります。
シンプルなデザインはスタイリッシュなイメージを連想させ、ユニークなデザインには親近感をもたらすというように、名入れ一つ取っても使う人への印象はグッと変わるはずです。

【免責事項】

このサイトの情報は個人が集めたものをベースとして作成しています。
ノベルティのロットや価格、納期の詳細情報は、ノベルティ制作会社の公式HPより、直接お問い合わせください。
■当サイト掲載のオリジナルノベルティ制作会社一覧≫≫