エコ

いまやノベルティに欠かせないキーワードのひとつ「エコ」。なぜエコが必要なのか、その理由について解説します。

エコを意識したノベルティが好まれる理由

かつての日本では、たくさんものを作って、それをさばいて、使えなくなったら廃棄するという姿が多く見られました。いわゆる、大量生産大量消費の時代です。大量消費というと、経済にとっては利点がありそうですが、物をたくさんもつということは、廃棄につながります。

現在では、製造を外国で行うことでコストを抑え、商品を安く作ることができますが、安いからといって、つい、不要なものまで購入しがちです。それが大量廃棄へとつながり、地球環境にも影響を及ぼしてしまうのです。

そうした大量生産大量消費の社会に、疑問をもち、使い捨ての安いものよりも、多少高価であっても長く使えるもの、低コストで作られた外国製のものよりも国産のものを選ぶ消費者もたくさんいます。

ノベルティにおいても同様です。社名を入れた商品を大量に配布するだけではなく、省エネやエコロジー、地球環境に配慮したものを取り入れることで、企業イメージもアップしますし、他社との差別化が図ることもできます。

エコを実践しているノベルティ

グリーンラボ(バジル)
取扱会社 フロンティアジャパン フロンティアジャパン_グリーンラボ画像
画像引用元:フロンティアジャパン 公式HP
(https://www.eco-pro.ne.jp/catalogue/detail/400000020/500000802.html)
最低ロット数 100
価格 1,500円(税別)
特徴 プランターに国産ヒノキの間伐材を使ったバジルの栽培キット。プランターと土、種、生分解性樹脂ブリスター、取扱説明書がセットになっています。
ブリスターがついているのでプランターを汚さずに栽培でき、栽培後は小物などを入れることもできます。
プランター側面のデザイン(既製品の場合)は3種類。既製品の場合は36個からオーダーができます。オリジナル印刷も可能です。
エコカイロ
取扱会社 ベルティ ベルティ_エコカイロ画像
画像引用元:ベルティ 公式HP
(https://www.velty.jp/goods/129-エコカイロ/スター/)
最低ロット数 300
価格 470円(税抜)
特徴 中の金属板を曲げると、中の液体が固まり、熱を発して温かくなる仕組みです。使った後は、お鍋で温め、水で冷やして熱を取ると再利用できます。
カラーバリエーションはクリア、レッド、オレンジ、イエロー、グリーンなど10色。形も、星、ハート、丸、四角とさまざまです。
かわいい色と形で、持っているだけでも気持ちが温かくなります。

この記事の関連のページ

【免責事項】

このサイトの情報は個人が集めたものをベースとして作成しています。
ノベルティのロットや価格、納期の詳細情報は、ノベルティ制作会社の公式HPより、直接お問い合わせください。
■当サイト掲載のオリジナルノベルティ制作会社一覧≫≫